手作りにこだわる杉の家 千葉県千葉市 K邸新築工事

見える部分のほとんどが木と土(珪藻土)。伝統工法で現代を造る木と土の家。

手作りにこだわる杉の家 千葉県千葉市 K邸新築工事
見える部分のほとんどが木と土(珪藻土)。伝統工法で現代を造る木と土の家。

2010年01月竣工

「木を見せる」という明確なコンセプト。環境にも配慮した自然素材。

1階リビングの中央部には、磨き丸太の真柱が2階部分まで通しで
入り、この家全体の構造を支える造りとなっています。

磨き丸太には、四方から構造材が突き刺さり、
がっしりとして丈夫な造りを体現しました。

床板、天井板、腰板はもちろん、家全体のあらゆる部分に
国産材山武杉を使用し、贅沢な見た目とこだわりの強い
家へ仕上げております。

外壁にはスーパー白洲そとん壁。
内壁には珪藻土エコクイーン。

自然の力と無垢の生きる力を体感できる一軒です。

木の良さを体現。他には無い真柱という魅力。

  • リビング中央に据えられた真柱。

    吹き抜けとなっているため、2階天井まで
    長いまま使用しています。

  • 2階部分に突き刺さる様子は、下から
    見上げた際のインパクトは絶大です。

  • 階段廻りも、材木の使用量は多く見応えがあります。

    使用材はもちろん、国産材山武杉です。

  • 階段の段板には、一枚板では無く、
    角材をはぎ合わせたモノを使用。
    細かな仕事ですが、他の住宅には真似できない
    モノの一つですね。

  • がっしりと突き刺さっている構造材も、
    通常の平角材ではなく、タイコに落とした材です。

    磨き丸太と、構造材の面皮部分が、
    木の良さを引き出します。

  • 対面式のカウンターキッチンにも、
    デザインの一つとして磨き丸太を使用しました。

そとん壁と珪藻土が持つ力が、家全体の空気を換える。

  • 一般的な住宅に使用される防火サイディングの
    外壁と比べると、耐久年数も長く、かつ、調湿効果に
    優れている為、家全体の温度にもその差が表れます。

  • 玄関のエントランスには、ポーチ柱に
    山武杉の八角形柱を使用。

    形も色も、住宅へのこだわりが垣間見えます。

  • 和室は、リビングの床から一段高く設定し、
    小上がりのような使い方をイメージしました。

  • 白い外壁は珪藻土エコクイーン。
    こちらも調湿効果が強いので、ビニールクロスには無い
    質感と温もりが体感できます。

浴槽には、施主様こだわりの信楽焼。

  • 据え置きタイプの浴槽はメーカーからも多く
    種類が出ておりますが、施主様のご希望により
    こちらの信楽焼の浴槽を採用。

  • タイル張りの壁と、浴槽から眺められる外部の
    目隠し板が贅沢なこだわりのお風呂です。


 
 
 
 
 
 

建築事例 山武杉で造る住まい

 

お住まい拝見・現場見学希望について

ご見学のお申込み・お住まいのご相談は、石井工業株式会社までご連絡ください。
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

0475-82-2808

受付/9:00~17:00
定休日/日曜日